田染幸雄の世界 自然との語らい

 
01
 
ホームページ
田染幸雄の世界 自然との語らい』 をご覧くださいまして、
ありがとうございます。

こちらのブログでは、
共に旅した折々の記、夫が話していたこと、
又、訪れた土地で思いがけなくもめぐりあった幼き日の私の思い出なども
書きとめていけたらと考えております。

どうぞ、よろしくご高覧下さいますようお願いいたします。






    10:00 | Top
 
06
 
海に関して田染は、よくこんなふうに言っておりました。
〈なんど訪れても、その度にちがった海があって、
何時間見続けても、二度と同じ波は来ない・・
だからかなあ、無性に海を見たくなる時がある。そして、描きたくなるんだ。〉

天気予報を見ながら、〈この風向きだと波がつぶれてしまう〉とか、
また、〈明日あたりは、海がきれいだろう〉などと・・
そして、早々に支度をし、嬉々として出かけたこともありました。


IMG_0001.jpg


沢山の海を描いておりますが、
日本海を描いた絵は、ホームページ “海 その3”で紹介している
「潮騒(青森県深浦)」 だけだったようです。 

日本海と太平洋、それは彼にとって、
イメージ的にずいぶん異なった “海” だったようです。
新潟、富山、山口で、何度も日本海を見ているはずなのに
何故か描ききれなかったようです。

20数年前、五能線の森山海岸で、漁船と岩山のデッサンをしておりますが、
この時も、油での海の絵は描いておりません。

それが、2004年の1月、冬の鳥海山と岩木山を描きたいと旅に出ました。
あいにくの天候で、鳥海山は、裾野だけしか見えず、鉛筆デッサンで終わりました。
岩木山は、旅行中ずっと雲の中、雪のため五能線は運休して、
五所川原から弘前までは、臨時バスでの移動となりました。

こんな不安定な天候の中、深浦で、列車待ちのため5時間程の空白ができました。
幸いなことに風はなく、時々青空も見えて、
私たちは、海に張り出した岩場を歩いていきました。
水底の石がくっきりと見え、海の深さがわからないほどでした。
彼は、手ごろな岩に腰を下ろし、道具を広げています。

しばらくして私は、〈早くしろ、急げ!〉という彼の大声に驚ろかされました。
彼は、空を見上げています。
そこには、さっきまでとは全く異なった、真っ黒な雲がうごめいていました。
突然のように、風も出始め、海の色も、全くといっていいほど変わっていました。
〈あの岩陰でようすを見ない?〉という私を制して、
〈急ごう、早く道路に上がろう ! 〉
 
わずか2、30メートル程の距離、それなのに、道に戻った時の私たちは、
吹雪の真っただ中に居りました。
彼はこの時の印象を絵にしたのだと思います。



潮騒8Ps
         潮騒(青森県深浦)8P  
 
この絵は ホームページ・海その3 で拡大してご覧いただけます。







    18:32 | Top
 
22
 
ホームページ “海 その1” で紹介した 「潮騒 100P」 について。

だいぶ前に田染が、描き終った絵を前にして、
〈いろいろ考えたけれど、仕上げに、23羽の雁を飛ばせた〉
と言っていたのを憶えていたのですが、それが、いつ頃のことで、
どの絵をさしていたのか迂闊なことに忘れておりました。
今回、整理しておりましたところ、1980年3月に三越日本橋店で
開催された個展の案内状が出てまいりまして、
その葉書の“海の絵”がまさしくそれだったことがわかりました。
数えてみると、本当に23羽の雁が飛んでおります。
なぜ雁の数が23羽なのかは、訊きそびれてしまいました。


003_0001s.jpg

      ホームページ上では、拡大してこの絵をご覧いただけます

    23:47 | Top
 
22
 
藤原5


私たちが藤原郷に行くようになったのは
湖が出来てから10年余もたってからのことでしたので、
当時のいきさつなど、あまり耳にする事もありませんでしたけれど、
小さいお店を開いていた方がふっともらした言葉のはしから察するに、
保証金云々で・・何か切ない話もあったようです。
村を離れた人も多かったのかもしれません。

始めのうちは、湯の小屋温泉か宝川温泉に泊まっていましたが
慣れるにつれて、久保でバスを降り西橋を渡ったところの旅館に
宿をとるようになりました。
湖の上を渡ってくる風の涼しさに生き返る思いをした夏の日を懐かしく思い出します。

その後縁あって、山口の民宿、大沢の民宿に泊まるようになりました。
また青木沢でも、いつも寄らせていただくお宅があって
お茶を頂いた事など忘れられません。



藤原4


ホームページで、夏の絵を4点紹介しておりますが、
青木沢が舞台の“ひまわりの花と茅葺き民家”の絵もあったはず・・と思い
探したのですが、写真は見つかりませんでした。

ひまわりの絵を描いたその日、山口を出発した私たちは原を通ってトンネルを抜け、
青木沢まで歩いて行きました。
とても暑い日でしたので、木立があるとその下に駆け込み、
しばしの休みをとりながら空を見上げ、
〈あの雲が太陽を隠したら歩き始めよう〉
そしてだらだら坂道を曲がり登り、青木沢の集落が見えたとき、
民家の軒先に、ひまわりの花が、鮮やかに咲いておりました。





    23:49 | Top
 
22
 
当時の藤原郷の簡単な地図を書いてみました。

(※地図はクリックしていただくと拡大したものが表示されます)
藤原郷の地図


スキー場は、この辺りではまだ、大沢に藤原スキー場があっただけだったと思います。

当時私たちは主に、バスを利用して九つの集落を移動しておりましたが
バスの本数が少なくて、歩いたほうが早い、そんな状態でした。
でも慣れるにつれて、近道があることを教えていただいて大助かりいたしました。

例えば、応永寺の裏山を越えると明川に出られること、
明川からも山越えで大沢に抜ける道があること、
須田貝にもバス道を横断して山道を下れば到達できる、などです。
これらの道は、集落の人たちがお互い助け合って
季節ごとに草刈をするなど整備をしているとのことでした。

地図の上の点線がその道です。

但し、熊に遭遇する場合もあるかもしれない、との注釈付、
ですから私たちは、できるだけ大きな声で話しながら歩いたものです。

明川の奥に(水)と注釈を入れた場所がありますが、
それが井戸だったのか湧き水だったのか憶えていないのですが、
冷たい水で手を洗い、顔を洗いほっとしたことだけは鮮明におぼえております。
藤原郷は天然の水に恵まれた、ほんとうに別天地のようなところでした。


藤原3


(※民家と花の絵、秋、冬、春の藤原郷の絵はホームページ上で、ご覧いただけます。)

    23:52 | Top
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム