FC2ブログ

田染幸雄の世界 自然との語らい

 
20
 
フランス・バルビゾンにて(2)  1980年10月~11月




IMG_0002_20110515112143.jpg

10月末のバルビゾンで・・
村役場 (Mairie) の庭に、栗の実がたくさん落ちていました。
栗のイガに手をふれた娘は、驚いた様子でしたが
こぼれ落ちた実も発見、用心しいしい幾つか拾ってきました。






IMG_0013.jpg

10月27日 前日、シャイイ ( Chailly ) に行く途中で見た広漠とした畑地へ
夕日の沈む瞬間を見るため出かけました。
バルビゾンの家並みに戻ったのは6時ごろで、すでに日はとっぷりと暮れていました。
暖かい一日でした。







IMG0s_0007.jpg


田染幸雄のメモ
  10月31日 シャイイ(Chailly)までのんびり歩く。
  画材店を見つけ、キャンバス・P10号2点と筆5本、油壺、絵の具2本
  サインペン等を購入。
  この町は、教会のある場所を扇の要とし、二俣に家並みが続いており
  バルビゾンより少々広い程度か・・
  教会をスケッチしていると数人の子供たちが寄ってきて
  飽きもせず、終わるまで付き合ってくれた。
  夜ホテルで淡彩をした。







IMG_0001_20110515112439.jpg     

バルビゾンの中央通りに、画家ルソーのアトリエがありました。
門を入って突き当りが教会、その左側がアトリエです。

門の左手前に鎮魂の碑が建てられていて、
戦死者の名前が刻まれていました。







IMG0s_0004.jpg

翌年(1981年)の6月はじめ、バルビゾンに出かけ、同じホテルに泊まっています。
雨に降られ、散々なお天気だったようにおぼえていますが、
3日目はうって変わっての好天気、フォンテーヌブローの森の中を散策したり
懐かしい場所を訪ね歩いています。
そして、ルソーのアトリエの前の庭でばらの花をスケッチ・・






フォンテーヌブローを中心にした、簡単な地図を描いてみました。

IMG_00020ss.jpg
(注)この地図は、私達がフランスで暮らしていた1980年頃のものです。



どこへ行くにしてもはじめての場所・・予定のたてようもなく
まず出かけてみることに致しました。
せめて初日の宿泊場所だけは決めておきたい・・ということで
フォンテーヌブローの森の近くのホテルを予約、
そのホテルの近くに、ユリー(Ury)の村がありました。

  フォンテーヌブロー駅からユリーまでタクシー(14km・50フラン)
  ユリー からバルビゾンまで
  これもタクシーを利用して90フラン、とメモにありました。
  当時のレート≒50円

田染のこの日のメモ
  「道程は、フォンテーヌブローの森の舗装された道を
   100キロ強で、15分ほどでバルビゾン到着。」
   
この日は、運転手さんに紹介していただいて
レストランが経営するホテル(クレ・ドール)に泊まっています。
田染のメモにも「印象すこぶる良し・・」とありましたが
週休制を取っている為翌日はお休み、
着く早々、ホテル探しを始めました。

バルビゾンからの帰途は、パリのイタリー門(Porte d’Italie) までの
バスがあることがわかりこれを利用しています(@24フラン)。

次にバルビゾンに出かけた時・・
往復とも、バスを利用しようと思っていたのですが
往路はともかく、帰り、待てど暮らせどバスは来ず・・
フォンテーヌブロー行きのバスが通りかかったので尋ねると、
「 パリ行き 」は、今日はここを通らないから、ともかく乗れといわれ
乗車して間もなく、ここで降りて待つようにとのこと。
果たしてそこで、無事パリ行きのバスに乗車できたのですが、
前回は村々を縫うように走行していたのに、
その時は、ほとんど直線的にパリに入ったように記憶しています。

もしかしたら、休日だったのかもしれません。
マント・ラ・ジョリでも、休日運休のバス便が多かったようです。

又の機会に、こんどは
フォンテーヌブローからパリ行きのバスでバルビゾンに行くことにしました。
ところが、フォンテーヌブロー駅前でいくら待っても
パリ行きのバスが来ません。尋ねると、
「 城行き 」のバスで「 フォンテーヌブロー城 」まで行くように・・
バルビゾン行きはそこから出ている・・とのことでした。
確かこの時は、バス待ちの時間がかなりあったので
フォンテーヌブロー城を見学していたはずです。

最近の旅行案内書 ・・私が調べた範囲・・では 
バルビゾンに行くには
「 フォンテーヌブロー駅、或るいは ムラン駅からタクシーに乗車するのが便利 」
とだけありました。今もバス便があるのかどうかは不明です。




    12:00 | Top
 
23
 
フランス・バルビゾンにて(1)  1980年10月~11月



一年間ほどフランスに滞在する予定でパリに着いた私達は
パリ、またはその近郊で家を探しておりました。

そして3週間ほどたった頃
マント・ラ・ジョリからセーヌ川を渡った所にある町リメイ(Limay)で
アパートを借りられることになり、ひと安心いたしました。

ただ、一ヶ月ほどはまだ居住者がいるということでしたので
それまでの間、一度は訪ねてみたいと思っていた
バルビゾン( barbizon )に出かけてみることになりました。

その時のバルビゾン風景を紹介いたします。




IMG0sss_0005.jpg

「バルビゾン・芸術家たちの村」

この標識はフォンテーヌブロー( Fontainebleau )の森のはずれ
バルビゾン村の入口に立てられていました。






IMG14_0003.jpg     IMG15_0012r.jpg

ミレー( Jean-Francois Millet )のアトリエとその表札を拡大したもの



IMG20_0002.jpg       
バルビゾン村の中央通りとミレーのアトリエ
上記ミレーのアトリエを、逆から見たところです。


ミレーのアトリエとレストランの間を入った所にホテルがあって
そのホテルで、私達は、3週間ほど過ごしています。  
      (レストランとホテルの経営者は、同じ人でした)


この写真の右手に、
ホテル アンジェりス・サン・テレームの表札が架かっているのが見えます。
拡大してみました。

IMG21_0011.jpg


ホテルの庭の中央には大きな胡桃の木があって
時たま、二つ三つ、胡桃の実ががころがっている時もありました。
そしてバルビゾンを去るとき、お土産にと沢山の胡桃を頂きました。

今も我が家で愛用している胡桃割りは、その胡桃を割るために
街角の小さなお店で購入したものです。

記念にもなるので、少し高価な品をという私を制して
〈 いや、これで十分だ 〉
とゆずらず、根負けして買ってしまいました。
確かに実用的で、錆もせず・・
思い出になるので、今でもその時の値段表をつけたままにしてあります。
  9フラン・・当時1フラン≒50円くらいでした




IMG22_0010.jpg

裏から見たホテルと裏口の門(右端)、ここからよく出入りしておりました


 


IMG16_0009.jpg       IMG17_0013s.jpg

 
フォンテーヌブローの森にある、ミレーとルソーの像
森には、このような巨石が沢山転がっていてリス達も遊んでいました。
( ルソー :Théodore Rousseau )


IMG18_0004.jpg

シャイイ( Chailly )の教会の墓地で( 1980・10・31 )
右側がミレー、左側がルソーのお墓です。



このシャイイの教会の鐘の音が、
付近の村々に祈りの時を告げていたそうです。

バルビゾンからシャイイまではよく散歩をしておりますが
徒歩で2~30分ほどだったようです。
ちょうど晩鐘の舞台を思わせる、広い農地が続き
初夏の頃には、マーガレットのような白い花が咲く畑もありました。
農家の垣にはさくらんぼが実り、ばらの花が咲き乱れておりました。





IMG19_0008.jpg

ここに、「 宝島 」の作者スチーブンソンが居住していました。
右手の塀の中に、村役場 (Mairie) がありました。
( スチーブンソン : Robert Louis Stevenson )



後日談になりますが、リメイの町でアパートを借りる約束は
フランス流に言うと、口約束(パロール・Paroles)に過ぎず
ご破算になってしまいました。
結果、友人と役場の方のご好意で公営のアパートを借りることが出来
胸をなでおろす思いをいたしました。
当初のアパートの暖房は薪ストーブ、それにひきかえ
セントラル・ヒーティングでしたので、これも幸いなことでした。





    19:00 | Top
 
21
 
フランス  マント・ラ・ジョリにて

マント・ラ・ジョリ(Mantes la Jolie)は古くから栄えた
静かな町です。
ゴシック様式のノートルダム教会堂は、セーヌ川を背に建立されており
佐伯祐三もこの教会堂を描いています。

ここに掲載した写真は
セーヌ川の川辺から撮影したノートルダム教会堂です。

IMG_0005r.jpg


教会堂の右手に見える搭、それをアップして
撮影したのが下の写真です。

IMG_0006.jpg


鐘つき堂だったらしいのですが
廃墟となり当時(1981年ごろ)鳩の住みかになっていました。

その頃4歳だった娘はよく
「 今日は二つ教会の近くのお店に行くの? 」とか
「 一つ教会のそばのお菓子やさんに行きたい 」
などと言うものですから
私たちも、その言葉を便利に使っておりました。
  ( 娘が言う二つ教会とは、搭が2柱あるノートルダム教会堂のことです )

一つ教会(鐘つき堂)について
土地の人に、第二次世界大戦で破壊されたのか・・と尋ねたところ
「 そうではなくて、フランス革命時に壊されたと聞いている・・ 」
とのことでした。そして
「 近くの家で最近、室内の模様替えをしていたら
壁の中から鉄砲が出てきたと言っていたけれど、これもたぶん
革命後に武器の供出を求められた時
急いで壁の中に埋め込み、隠したものだろう 」と話されていました。
遠い世界のことだったフランス革命が
一気に身近なものとして感じられたひとときでした。

また、あるお宅の地下室を見せていただいた事があるのですが
太い杭が打ち込まれていて、崩れる恐れがあるので
今は立ち入ることができない・・とのことでした。
マント・ラ・ジョリの古い歴史をこの時も実感いたしました。


下の写真は、セーヌ川に架かる石の橋で中央部が壊れています。
これは、コローも描いていることでも有名な橋で
12世紀ごろ建造されたそうです。
   コローの絵 「マントの橋」は、ルーブル美術館 に展示されています。


IMG_0007r.jpg

この橋についても
第二次世界大戦で破壊されたのか・・と尋ねたところ
「上流からの物資の輸送に大型船を使うようになり
船の運航に支障をきたすようになったので人為的に壊した 」
との返答がありました。

この辺り、セーヌ川の中央部には
ダム島(ILE aux DAMES)という島があります。
対岸の町 リメイ(Limay)に行く為に、その島を経由した
大小二つの橋が建設されました。
大きな橋は1765年、小さな橋は1843年に完成しています。


1940年、戦争で破壊されたのはこの大小二つの橋で
その後新しく架橋されています。
下の写真は、
その新しい橋の下からマントの石橋を望んだところです。


IMG_0008r.jpg

上記写真4点は田染幸雄が1981年に撮影したものです。




    16:00 | Top
 
16
 
<マント・ラ・ジョリで>

                          
私たちがフランスで過ごしたのは一年ほどでしたけれど、
沢山の思い出が残っています。

ミッテラン大統領が初当選を果たした頃のことですからかなり昔の話です。
当時はまだ、ルーブル美術館の前にピラミッドはありませんでした。

私たちはマント・ラ・ジョリ(Mantes la Jolie)という
セーヌ川沿いの古い町で暮らしていたのですが、
時にコンコルドが空高く、
礫(つぶて)のように飛んでいくのが見えました。

夜休んでいると、
ポンポンポンという音をたてながら船が通り過ぎて行くのがわかりました。
もう少し上流にルノーの工場があって、
その車を、ル・アーブル(Le Havre)の港まで船で運んでいたのだそうです。

話は変わりますが、フランスの人にとって、
言葉の、その音の響きが、
かなり重要な要素になっているらしいと言う事も知りました。
 
コート・ダ・ジュールの海岸で、
海辺に建つ城のような館を示しながら
フランスの友人が言いました。
〈今ジスカール・デスタン元大統領があそこで暮らしているのだけれど、
私たちの耳には、
ジスカール・デスタンと言うときの、
その音(おと)の響きが、非常に美しく聞こえる・・〉

また、〈あなた〉と言うときのウ゛ー〈vous〉、
これもまた、とても心地よく心にしみる音(おん)なのだそうです。
そのとき私はふっと、シャンソンを思いだしておりました。

マント・ラ・ジョリでのスケッチを何点か紹介いたします。



IMG_0734.jpg





IMG_0738.jpg




IMG_0743.jpg


IMG_0732.jpg


この絵の裏に下記のようなメモがありました。
<これを描いている時トラックから降りてきた運転手に道を聞かれる・・も>

彼の説明によると、言葉も道もわからないので、
自分の口元を押さえて首を振ったのだけれどまだしゃべり続けているので
両手で大きくばってん印(×)をしたら、
頷いてそのままバックして行ってしまった・・

セーヌ川沿いの細い道で、左へ行くと階段を上らなければ本通りには出られないし
大きなトラックだから右への道も無理だろう・・
それでも気になったから、しばらく待ってはみたのだけれど、
とうとう車は戻ってこなかった。

それからもう一つ。
暫しの旅からパリに戻って来た時のこと・・
車窓から、高台に立つ白亜のサクレクール寺院が目に入ったとき、
思いがけなくも、〈ああ帰ってきた・・〉と、心和む思いをしたこと、
その時のほっとした気持ちが忘れられません。

思えばフランス滞在も、旅の一断面、それなのに何故・・

旅の途中とはいえ、パリ(Paris)郊外に小さな住まいを借りて、
親子3人が暮らせる空間を持てたこと。
そこには絵を描く彼の姿があって・・
ごくごくあたりまえの日常の暮らしが始まっていたのです。

日本でもフランスでも、
気持ちの休まる場所こそ、本当の我が家なのだと、
その時実感致しました。

パリからマント・ラ・ジョリまでは、急行でも30分ほどはかかります。
〈ああ、おなかがすいた・・〉
見ると、駅前にマクドナルドの店がありました。
手軽で何よりと店に入って、娘を高椅子に座らせ荷物を置いて、
隣の男性に、この子をお願いと目顔で合図して、
レジで注文、お盆を持って戻ってみると、
娘は何やら受け答えができている様子でした。

そういえば、マクドナルドはその頃フランスに上陸、
シャンゼリゼ通りにも、出店間もない店がありました。 

 
    14:23 | Top
 
26
 
<フランス・アルザス地方の旅>

ベランダで咲いたラベンダーの花を見た田染は、リックウィルでのことを思い出し
絵にしています。(ホームページ 花の絵「夏(ゼラニウム)1989」参照)

私たちがフランスのアルザス地方を旅してから、かれこれ20数年たちました。
パリ(Paris)の東駅から5時間程の所にあるミュルゥーズ(Mulhouse)から
私たちのアルザスの旅は始まりました。

ミュルゥーズでは、散歩の途中動物園を見かけ、娘のために・・と入ったのですが、
緑いっぱいの園内で、親子ともどもゆったりした一時を過ごすことが出来ました。
園内を自由に歩き回る孔雀・・
さりげなく私たちの脇を通り過ぎ、低い柵を飛び越えて草やぶに消えていった動物・・
〈今のは何だったのかしら・・犬ではなかったと思うのだけれど・・〉と私。
〈・・犬の動きとは違っていたようだ〉と彼。
〈お仕事の途中みたい・・何だか、忙しそうだった〉とは娘の弁。

園内にいた2時間ほどの間に出会ったのは、バギーを押したご夫妻だけ。
にっこり笑顔の受け付けの女性は、手元の編み物に夢中のようでした。
  入園料は、大人@11フラン
  当時のレートは、1フランが50円程だったと思います。

コルマー(Colmar)
コルマーは、木組み造りの建物が多く見られるとても美しい町でした。
五月の初めでしたので、白、薄ピンク、ローズピンクのマロニエの花盛り、
リラの花も咲いていました。

ストラスブールをはじめとして、この辺りの町は
ドイツと国境を接しているため、ドイツ語がかなりの頻度で耳に入ってきます。
ホテルのマダムは、右に立つ人とはフランス語で、左の人とはドイツ語で、
そして言葉たどたどしき私にも愛想よく、自由に言葉を操っていました。

  小さなベニス(Petite Venise) と呼ばれる運河沿いにあった
  レストラン・三匹の魚(Restaurant aux Trois Poissons )での
  夕食時のお勘定書が残っていましたので紹介いたします。
     住所:魚市場河岸15(15 Quai de la Poissonnerie)


レストランの名刺


伝票(名刺の裏に値段表が書かれていました)
  合計 129.8フランはらっています。
      コーヒー代が2杯で2.8フランということは、
      当時コーヒー1杯(エスプレッソ)の値段は70円ぐらいだったようです。


コルマーで買った絵葉書(レストランは確かこの川沿いにありました。)

リックウィル (Riquewihr)
コルマーに宿をとった私たちは、ぶどう酒で有名なリックウィルに出かけました。
バスは広大なぶどう畑の中を走り続けます。

でも、バスに乗る前に、ちょっとしたことがありました。
売店で絵葉書を買っている彼とベンチに座りバスを待つ私の間を行ったり来たり、
元気に走りまわっていた娘が転んでしまったのです。
と、半分べそをかいて私のほうに戻ってきた娘を、
私の隣でやはりバス待ちをしていた年配のご婦人が、
半分立ち上がり〈おー おー 〉と言いながら抱え込んでしまったのです。
そのあまりのタイミングのよさに、
娘は一瞬とまどったようですが膝頭と手のひらを見せて・・
私は常備していた濡れ手拭で拭き、メンソールを塗って・・
ご婦人は何やかや話しかけながら、手荷物の中からチョコレートいっぱいの
パン菓子を取り出して娘に下さいました。

当時この辺りでは、日本人はまだあまり見かけなかったようで、
初めは〈中国人か〉と問われ、次は〈ベトナム?〉
〈いいえ、日本から・・〉というところから話が始まるのがいつものことでした。
ですから、ふっくら頬っぺの東洋人の子供は珍しいらしく、
何かにつけ “何てかわいい子・・”と娘はちやほやされておりました。
ホテルの食堂でも街のレストランでも・・

彼女とはバスも一緒でとりとめもない話をしていたようで、
後になってから、バスから見えた風景について話す彼に、
フランス語に必死で風景は何も見えなかったと言って笑ってしまいました。

彼女は私たちより先にバスを降りたのですが、降り際に運転手さんに何事か話しかけ、
二人が私たちのほうを向いてにっこりしていたので、
多分、眠っていても目的地で降りることは出来る・・と思ったりしておりました。
バスを見送り続ける彼女に、
娘も、バスの後ろの窓からずっと手を振っておりました。
リックウィルでは案の定、私たちは運転手さんに促されてバスを降りています。

16世紀の家並みが今に残るリックウィル、その見事な木骨造りの家々の佇まい、
また、村全体がとても和やかな雰囲気だったことも合わせて、
20数年たった今でも懐かしく思い出されます。


リックウィルで買った絵葉書
  花いっぱいの大通り(La Grand’rue fleurie )
  奥に見える建物は、13世紀に建てられた城門だそうです

あちこち眺めながら歩いていた私は、
二階の窓辺でゼラニウムの鉢の手入れをしている人と目が合って
〈とてもきれい!〉と思わず声をかけておりました。彼女は
〈あと半月もしたらもっときれいに咲きそろうから、その頃また見にきてほしい〉
と言いながら、近くにリボーヴィレ(Ribeauville)という村があって・・
そこは自分の故郷なのだけれど・・とても美しい村で、
真っ赤なゼラニウムの花も見事だから、ぜひ寄って欲しい・・と言っていました。

田染は、この時のゼラニウムの花の色が特に印象に残っていたのだと思います。
    
リックウィルでの昼食は、メーン通りのレストランで、サラダとクレープ。
感じの良いおばあさんがマダムで、日本の風景をテレビで見たことがあるとか、
日本の食事時のテ-ブルに、小さな美しい器が沢山並んでいるのを画面で見て 
驚いたなど、いろいろ話しかけられました。

ストラスブール(Strasbourg)
過去に何度かドイツ領にもなるなど重い歴史を持つストラスブール、
この街に着いた私たちはライン川を見たいと思いました。

私たちの問いかけにバスの運転手さん(女性でした)は、
このバスの終点はライン川を渡った先にあり、
1時間後にはそこを出発してこちらに戻って来るのだから、
見るだけではなく川を渡ってみたら・・とアドバイスしてくださいました。

バスは混んでいて立ちっぱなしでしたけれど、
運転手さんとの会話からこちらの立場も了解済み・・とても和やかな雰囲気で、
降りていく人達が声をかけて下さったり、娘と握手をしたり・・。
また、両国の係官が乗り込んでのバス中でのフランス出国とドイツ入国、
帰りにはその逆の検閲も、パスポートの表紙を見せただけ、いたって簡単に済みました。

ドイツでは、辺りを少々散歩しただけ。
近くのカフェでコーヒーとケーキ、娘はソフトクリームを食し、
キャンディーを買って・・代金は、マルクがないのでフラン払い・・
たったこれだけのことでしたけれど、いい思い出になりました。
この時のキャンディーの入れ物はまだ大事にとってあります。
          

この陶器の入れ物に色とりどりのキャンディーが入っていました。
                  
ストラスブールに戻って、ノートルダム大聖堂の近くでバスを降り、
イル川が4つに別れて流れる辺り、小さなフランス(Petite France)と呼ばれる
木骨建築の家並みが美しい界隈を歩いています。

そして、デッサンに余念のない彼を残し、娘と私はそぞろ歩き・・
土地の人しか入らないような小さな店でスカーフを一枚買っているのですが、
その時、店先で立話をしていた人達が、
赤い花柄のタオルを大事そうに抱えている幼い娘(4歳)を見て、
かわいい、かわいい、を連発しながら、指をくわえる真似をして、
〈ほらこうして、こうして・・寝るのでしょ〉
ぷいと横を向く娘の姿がまた愛らしいと・・朗らかな笑い声と話し声。

店を出るなり娘は〈おばちゃんたち、どうして知っているの・・〉と私に尋ねました。
本当に不思議だったようです。このタオルは今でも大事にとってあります。

その頃はストラスブールからパリ・東駅まで急行で4時間半かかっていますが、
今では、T.G.V東ヨーロッパ線(T.G.V EST EUROPEEN)が開通して、
ストラスブール→パリは2時間20分に短縮されたそうです。
  (注)T.G.V:高速列車(Train à Grande Vitesse の略 )

サン・ラザール駅から急行で30分、
マント・ラ・ジョリの我が家に帰り着いた私たちは、
コーヒーを飲みながら旅の思い出話にふけったものです。

    20:36 | Top
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム