田染幸雄の世界 自然との語らい

 
22
 
3、4年前、片品村に行ってみたいと彼が言い出しました。
それまで、思い思いはしながらも、そのままになっていた場所です。
当日、沼田からバスに乗り1時間余、鎌田温泉のバス停に着いたときの事、
〈車窓から風景を眺めていても一向にイメージが湧いてこない・・戻ろう。〉
と彼が申しました。
6月に入って間もない頃で、終点の大清水まで行ったにしても、
水芭蕉はもう終わっているだろうし・・と思案する私。

乗車する前にバスの運転手さんに
泊まれる場所などいろいろ伺っておりましたので心配してくださって、
〈高いバス代を払ってせっかくここまで来たのですから
このまま帰るんじゃあもったいないですよ。
近くに美味しいお蕎麦屋があるからそこで昼を済ませ、
せめて、吹割の滝だけでも見て帰るってことにしたらどうですか?〉

そして、お昼を食べたら何時のバスに乗って・・
吹割りの滝では○○のバスに乗れる・・などなどいろいろ教えてくださいました。

幸せなことに、山菜いっぱいの天ざるはとてもおいしかったし、滝もみごとでした。

滝と言われて想像する普通の滝の姿とは全くちがった“吹割の滝”、
運転手さんが教えてくださったバス時間のことなどすっかり忘れ見惚れてしまいました。

吹割の滝

吹割の滝

そしてその夜は、以前にも泊まった事のある月夜野町のホテルに泊まり、
翌日は、歩きなれた道を散策、谷川岳のよく見える丘にものぼりました。
でも、彼の想いとは裏腹に、辺りの風景は少しずつ変化しているようでした。

(※以前月夜野町で描いた描いた絵は、ホームページ上でご覧いただけます。)

何とも情けない顔をした彼をよそに私は、
近くの溜め池に沢山のおたまじゃくしを見つけて大はしゃぎ!
枯れ草で水をさわさわゆすると、ほうら、来る、来る、来る!
〈こんなに沢山のおたまじゃくし、見たことある?〉
集めるだけ集めて、木の葉を遠くに投げたら・・
〈ほうら、だまされた、だまされた! みんな向こうに行っちゃった!〉
〈いや、物事に動じないしっかりしたおたまじゃくしもいたぞ!〉とは彼の言。


そして翌日、
せっかく水上まで来たのだから湯の小屋まで行ってみようということになりました。

終点でバスを降りて、木陰がほしいくらいの強い陽射しの下、
いつものように目的地なしの、ぼちぼち歩きがはじまりました。
ときに水際に下りて手をひたし、石に腰をおろし、
彼はスケッチ帳を広げ、私にとってはとりとめもない時間・・
ときどき車が通りすぎてゆきます。

照葉峡にて

地図帳を広げてわかったこと。
この道をどこまでも行けば片品村に通じていたのです。
この先には道がないとばかり思っておりましたので、
変なところで感心してしまっておりました。

と、先を行く彼が立ち止まって何やら指さしています。
何と何と、そこにあったのは、“熊出没注意!”という朱書きのたて看板でした。

バス停近くの店で遅い昼食、
〈山菜のてんぷらと、岩魚の塩焼き〉
山菜はこの近くで採れたものでしたけれど、岩魚は残念ながら・・

家に帰ってからのニュース番組で、尾瀬で熊に遭遇した人がいたことを知りました。

湯の小屋行きのバスで、山々の間から、まだ雪の残っている山頂が見えて、
〈多分あれが至仏山、とするとあの向こう側が尾瀬・・〉
と話していたのですが、急に、“熊出没”の看板が現実味を帯びてきて、
あの時すぐ引き返してよかった、と、顔を見合わせたものでした。

    23:57 | Top
 
22
 
当時の藤原郷の簡単な地図を書いてみました。

(※地図はクリックしていただくと拡大したものが表示されます)
藤原郷の地図


スキー場は、この辺りではまだ、大沢に藤原スキー場があっただけだったと思います。

当時私たちは主に、バスを利用して九つの集落を移動しておりましたが
バスの本数が少なくて、歩いたほうが早い、そんな状態でした。
でも慣れるにつれて、近道があることを教えていただいて大助かりいたしました。

例えば、応永寺の裏山を越えると明川に出られること、
明川からも山越えで大沢に抜ける道があること、
須田貝にもバス道を横断して山道を下れば到達できる、などです。
これらの道は、集落の人たちがお互い助け合って
季節ごとに草刈をするなど整備をしているとのことでした。

地図の上の点線がその道です。

但し、熊に遭遇する場合もあるかもしれない、との注釈付、
ですから私たちは、できるだけ大きな声で話しながら歩いたものです。

明川の奥に(水)と注釈を入れた場所がありますが、
それが井戸だったのか湧き水だったのか憶えていないのですが、
冷たい水で手を洗い、顔を洗いほっとしたことだけは鮮明におぼえております。
藤原郷は天然の水に恵まれた、ほんとうに別天地のようなところでした。


藤原3


(※民家と花の絵、秋、冬、春の藤原郷の絵はホームページ上で、ご覧いただけます。)

    23:52 | Top
 
22
 
藤原5


私たちが藤原郷に行くようになったのは
湖が出来てから10年余もたってからのことでしたので、
当時のいきさつなど、あまり耳にする事もありませんでしたけれど、
小さいお店を開いていた方がふっともらした言葉のはしから察するに、
保証金云々で・・何か切ない話もあったようです。
村を離れた人も多かったのかもしれません。

始めのうちは、湯の小屋温泉か宝川温泉に泊まっていましたが
慣れるにつれて、久保でバスを降り西橋を渡ったところの旅館に
宿をとるようになりました。
湖の上を渡ってくる風の涼しさに生き返る思いをした夏の日を懐かしく思い出します。

その後縁あって、山口の民宿、大沢の民宿に泊まるようになりました。
また青木沢でも、いつも寄らせていただくお宅があって
お茶を頂いた事など忘れられません。



藤原4


ホームページで、夏の絵を4点紹介しておりますが、
青木沢が舞台の“ひまわりの花と茅葺き民家”の絵もあったはず・・と思い
探したのですが、写真は見つかりませんでした。

ひまわりの絵を描いたその日、山口を出発した私たちは原を通ってトンネルを抜け、
青木沢まで歩いて行きました。
とても暑い日でしたので、木立があるとその下に駆け込み、
しばしの休みをとりながら空を見上げ、
〈あの雲が太陽を隠したら歩き始めよう〉
そしてだらだら坂道を曲がり登り、青木沢の集落が見えたとき、
民家の軒先に、ひまわりの花が、鮮やかに咲いておりました。





    23:49 | Top
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム