FC2ブログ

田染幸雄の世界 自然との語らい

 
26
 
<フランス・アルザス地方の旅>

ベランダで咲いたラベンダーの花を見た田染は、リックウィルでのことを思い出し
絵にしています。(ホームページ 花の絵「夏(ゼラニウム)1989」参照)

私たちがフランスのアルザス地方を旅してから、かれこれ20数年たちました。
パリ(Paris)の東駅から5時間程の所にあるミュルゥーズ(Mulhouse)から
私たちのアルザスの旅は始まりました。

ミュルゥーズでは、散歩の途中動物園を見かけ、娘のために・・と入ったのですが、
緑いっぱいの園内で、親子ともどもゆったりした一時を過ごすことが出来ました。
園内を自由に歩き回る孔雀・・
さりげなく私たちの脇を通り過ぎ、低い柵を飛び越えて草やぶに消えていった動物・・
〈今のは何だったのかしら・・犬ではなかったと思うのだけれど・・〉と私。
〈・・犬の動きとは違っていたようだ〉と彼。
〈お仕事の途中みたい・・何だか、忙しそうだった〉とは娘の弁。

園内にいた2時間ほどの間に出会ったのは、バギーを押したご夫妻だけ。
にっこり笑顔の受け付けの女性は、手元の編み物に夢中のようでした。
  入園料は、大人@11フラン
  当時のレートは、1フランが50円程だったと思います。

コルマー(Colmar)
コルマーは、木組み造りの建物が多く見られるとても美しい町でした。
五月の初めでしたので、白、薄ピンク、ローズピンクのマロニエの花盛り、
リラの花も咲いていました。

ストラスブールをはじめとして、この辺りの町は
ドイツと国境を接しているため、ドイツ語がかなりの頻度で耳に入ってきます。
ホテルのマダムは、右に立つ人とはフランス語で、左の人とはドイツ語で、
そして言葉たどたどしき私にも愛想よく、自由に言葉を操っていました。

  小さなベニス(Petite Venise) と呼ばれる運河沿いにあった
  レストラン・三匹の魚(Restaurant aux Trois Poissons )での
  夕食時のお勘定書が残っていましたので紹介いたします。
     住所:魚市場河岸15(15 Quai de la Poissonnerie)


レストランの名刺


伝票(名刺の裏に値段表が書かれていました)
  合計 129.8フランはらっています。
      コーヒー代が2杯で2.8フランということは、
      当時コーヒー1杯(エスプレッソ)の値段は70円ぐらいだったようです。


コルマーで買った絵葉書(レストランは確かこの川沿いにありました。)

リックウィル (Riquewihr)
コルマーに宿をとった私たちは、ぶどう酒で有名なリックウィルに出かけました。
バスは広大なぶどう畑の中を走り続けます。

でも、バスに乗る前に、ちょっとしたことがありました。
売店で絵葉書を買っている彼とベンチに座りバスを待つ私の間を行ったり来たり、
元気に走りまわっていた娘が転んでしまったのです。
と、半分べそをかいて私のほうに戻ってきた娘を、
私の隣でやはりバス待ちをしていた年配のご婦人が、
半分立ち上がり〈おー おー 〉と言いながら抱え込んでしまったのです。
そのあまりのタイミングのよさに、
娘は一瞬とまどったようですが膝頭と手のひらを見せて・・
私は常備していた濡れ手拭で拭き、メンソールを塗って・・
ご婦人は何やかや話しかけながら、手荷物の中からチョコレートいっぱいの
パン菓子を取り出して娘に下さいました。

当時この辺りでは、日本人はまだあまり見かけなかったようで、
初めは〈中国人か〉と問われ、次は〈ベトナム?〉
〈いいえ、日本から・・〉というところから話が始まるのがいつものことでした。
ですから、ふっくら頬っぺの東洋人の子供は珍しいらしく、
何かにつけ “何てかわいい子・・”と娘はちやほやされておりました。
ホテルの食堂でも街のレストランでも・・

彼女とはバスも一緒でとりとめもない話をしていたようで、
後になってから、バスから見えた風景について話す彼に、
フランス語に必死で風景は何も見えなかったと言って笑ってしまいました。

彼女は私たちより先にバスを降りたのですが、降り際に運転手さんに何事か話しかけ、
二人が私たちのほうを向いてにっこりしていたので、
多分、眠っていても目的地で降りることは出来る・・と思ったりしておりました。
バスを見送り続ける彼女に、
娘も、バスの後ろの窓からずっと手を振っておりました。
リックウィルでは案の定、私たちは運転手さんに促されてバスを降りています。

16世紀の家並みが今に残るリックウィル、その見事な木骨造りの家々の佇まい、
また、村全体がとても和やかな雰囲気だったことも合わせて、
20数年たった今でも懐かしく思い出されます。


リックウィルで買った絵葉書
  花いっぱいの大通り(La Grand’rue fleurie )
  奥に見える建物は、13世紀に建てられた城門だそうです

あちこち眺めながら歩いていた私は、
二階の窓辺でゼラニウムの鉢の手入れをしている人と目が合って
〈とてもきれい!〉と思わず声をかけておりました。彼女は
〈あと半月もしたらもっときれいに咲きそろうから、その頃また見にきてほしい〉
と言いながら、近くにリボーヴィレ(Ribeauville)という村があって・・
そこは自分の故郷なのだけれど・・とても美しい村で、
真っ赤なゼラニウムの花も見事だから、ぜひ寄って欲しい・・と言っていました。

田染は、この時のゼラニウムの花の色が特に印象に残っていたのだと思います。
    
リックウィルでの昼食は、メーン通りのレストランで、サラダとクレープ。
感じの良いおばあさんがマダムで、日本の風景をテレビで見たことがあるとか、
日本の食事時のテ-ブルに、小さな美しい器が沢山並んでいるのを画面で見て 
驚いたなど、いろいろ話しかけられました。

ストラスブール(Strasbourg)
過去に何度かドイツ領にもなるなど重い歴史を持つストラスブール、
この街に着いた私たちはライン川を見たいと思いました。

私たちの問いかけにバスの運転手さん(女性でした)は、
このバスの終点はライン川を渡った先にあり、
1時間後にはそこを出発してこちらに戻って来るのだから、
見るだけではなく川を渡ってみたら・・とアドバイスしてくださいました。

バスは混んでいて立ちっぱなしでしたけれど、
運転手さんとの会話からこちらの立場も了解済み・・とても和やかな雰囲気で、
降りていく人達が声をかけて下さったり、娘と握手をしたり・・。
また、両国の係官が乗り込んでのバス中でのフランス出国とドイツ入国、
帰りにはその逆の検閲も、パスポートの表紙を見せただけ、いたって簡単に済みました。

ドイツでは、辺りを少々散歩しただけ。
近くのカフェでコーヒーとケーキ、娘はソフトクリームを食し、
キャンディーを買って・・代金は、マルクがないのでフラン払い・・
たったこれだけのことでしたけれど、いい思い出になりました。
この時のキャンディーの入れ物はまだ大事にとってあります。
          

この陶器の入れ物に色とりどりのキャンディーが入っていました。
                  
ストラスブールに戻って、ノートルダム大聖堂の近くでバスを降り、
イル川が4つに別れて流れる辺り、小さなフランス(Petite France)と呼ばれる
木骨建築の家並みが美しい界隈を歩いています。

そして、デッサンに余念のない彼を残し、娘と私はそぞろ歩き・・
土地の人しか入らないような小さな店でスカーフを一枚買っているのですが、
その時、店先で立話をしていた人達が、
赤い花柄のタオルを大事そうに抱えている幼い娘(4歳)を見て、
かわいい、かわいい、を連発しながら、指をくわえる真似をして、
〈ほらこうして、こうして・・寝るのでしょ〉
ぷいと横を向く娘の姿がまた愛らしいと・・朗らかな笑い声と話し声。

店を出るなり娘は〈おばちゃんたち、どうして知っているの・・〉と私に尋ねました。
本当に不思議だったようです。このタオルは今でも大事にとってあります。

その頃はストラスブールからパリ・東駅まで急行で4時間半かかっていますが、
今では、T.G.V東ヨーロッパ線(T.G.V EST EUROPEEN)が開通して、
ストラスブール→パリは2時間20分に短縮されたそうです。
  (注)T.G.V:高速列車(Train à Grande Vitesse の略 )

サン・ラザール駅から急行で30分、
マント・ラ・ジョリの我が家に帰り着いた私たちは、
コーヒーを飲みながら旅の思い出話にふけったものです。

    20:36 | Top
 
26
 
<花畑>

いつか畑は、花畑に姿を変えておりました。
向日葵、コスモス、友禅菊、バラ、牡丹も植えました。
そしてそれらの花々を、彼が喜んで描いてくれるようになったのです。

畑で咲いた花の絵を、ホームページ上でご覧いただけます。

また、いろいろな虫たちとの出会いもありました。
 
(1)金カメムシ(多分?)
      真っ赤なカメムシを友禅菊の葉の陰で見つけました。
      幾つかの斑点が付いていて、そのあまりの美しさに
      思わず手のひらに載せ、見とれてしまいました。
      そっと持ち帰り、彼と娘に見せて、又もとの場所に戻しました。
      そのカメムシは臭くは無かったようです。

(2)蜘蛛の子
      畑に置きっぱなしにしていた植木鉢を持ち上げたところ、
      正に蜘蛛の子を散らすように、蜘蛛の子が散っていきました。
      あっという間の出来事で、瞬きする間もないほどでした。

(3)かまきり
      たしかラベンダーだったと思います。
      そこに、かまきりの卵の袋があるのは知っていたのですが、
      ある日、無数のカマキリの赤ちゃんが、
      生まれいでるのを目撃することが出来ました。
      温かな風の吹く日でしたので、やはり風に乗って散っていきました。
      でも、畑のそこかしこに僅かに残った彼らが、
      やがて脱皮し、大きくなっていく姿を見ることも出来ました。

    20:35 | Top
 
26
 
私たちが千葉に引っ越してきた頃、
辺りには畑地が広がっていて、富士山、丹沢山系も見えました。
 
ある日、いくつかの稲ぼっちが出来ているのを窓から眺めながら、
この辺りでは陸稲(おかぼ)が作られていたのかと思ったのですが、
後日それは、穫り入れたピーナツを乾燥させるための
“ピーナッツぼっち”だったことがわかりました。
そう、千葉は落花生の産地、まだそこかしこにピーナッツ畑があったのです。

穫り入れ直後の落花生を分けていただいた事があり、
泥落しや洗いなどで少々手間取りましたが、
茹でて口にした時、新しいピーナッツの味わいに感動したものです。

間もなく、近くの空き地が貸し農園になることを知って、
何を作るといった当ても無いまま、申し込みだけは済ませました。

鍬とシャベルがあれば何とかなるだろうと、いたって簡単に考えていたのですが
地面が硬く踏み均されてしまっていて、土を掘り起こすのが
容易ではありませんでした。

季節がら、茄子や胡瓜の苗を買ってきて植えましたが、
大雨の後、水が地面にしみ込まず泥沼のようになってしまって、アウト!
必要に迫られて、出来るだけ小まめに畑に出て土を掘り起こしました。
その結果わかったこと・・
“私は土いじりが嫌いではない”ということでした。
向日葵やコスモスの種を蒔き、バラの苗木も植えました。

翌年には、西瓜の苗も植えました。
この西瓜の成長の過程が、当時小学生だった娘の夏休みの宿題、
“自由研究”にまとめられた事、また、収穫できた小さな西瓜2個が
とても甘かったことが大きな収穫でした。

西瓜

オクラ・・黄色い大輪の花は美しく、沢山実がなりました。
     採れたてのオクラを生のまま薄切りにして
     かつ節と醤油をかけていただいたとき・・
     とても美味しかったことを思い出します。
にら・・ちょうど葱坊主のような花(淡い紫がかった白色の小花のかたまり)を、
    花瓶にいけて楽しんだり致しました。

失敗談もあります。
枝豆が食べたいと、なんど種を蒔いても芽が出ません。
やがて原因がわかりました。蒔いた種を、カラスが食べてしまっていたのです。
種を蒔いている私の姿を どこかで見ていたのでしょうね、
それからしばらくの間は、カラスの鳴き声が“アホー、アホー”と
聞こえたものです。

苺も実った順に鳥に食べられてしまって、
半熟の、すっぱい実しか人間の口には入りませんでした。
  
カモミールの葉は、野良ちゃんのいい寝床になっていました。

その日その日のお天気も気になりました。
日照り続きの日には、バケツに水を汲んで運び、
風のひどい日には、苗が倒れてはいないだろうかなど・・
小さな家庭菜園でそうなのですから、農業を本職にされていらっしゃる方々の
ご苦労はいかばかりかと、実感したものです。

    20:33 | Top
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム