FC2ブログ

田染幸雄の世界 自然との語らい

 
30
 
<ふるさと・山口県徳山市(現在の周南市)>

  ・・私の生まれ育った徳山は、もとは毛利藩の城下町、
  陸上海上交通の要であった。
  戦前、海軍燃料廠や関連した工場が設置され、
  現在は出光興産を中心とした大規模な石油コンビナートになっている。
  人間魚雷回天の特攻基地が置かれた大津島は、沖合10km程の所にあり
  当時を偲ぶ基地跡が残されている。
            ―田染幸雄の手記・・[田染幸雄画集]より 1987年発行―


幼き日からの遊び場でもあった遠石八幡さまについては
こんなふうに話しておりました。
たとえばお祭りのこと。
三つ折れの急な石段を、転げ落ちるかのように御神輿を担いで下って、
海辺に設えた御神輿台に安置したものだ・・
もう今ではその海もなくなってしまった・・と残念そうでした。

過ぎし日、山陽本線の線路の向こう側には、内海と外海が広がっていたそうです。
小学生の頃は海辺が遊び場、
今でも、疲れるまで泳ぎ続けられる・・彼はよくこんな風に言っておりました。

そしてこれは、彼の母親から聞いた話・・
幼い彼は稚児さんになって、輿に乗せられたことがあったそうです。
きれいにお化粧してとても愛らしかったとか。
床の間にお菓子の山が出来ていたのを憶えているけれど、
その時のことだったのかなあと彼は話していました。


戦争が始まったのは、彼が小学校五年生の時。
そして彼は、中学進学ではなく第三海軍燃料廠所属の養成所に入学し、
寄宿舎生活を送りながら、技術者をめざしての勉学の道を選んだそうです。

その海軍燃料廠は、1945年5月10日の空襲でほぼ全滅に近い状況となり、
多数の死傷者が出ていますが、
西の端に位置していた養成所だけは無傷で残ったそうです。

また、7月24日の夜間空襲では、
徳山の市街地のほとんどが焼失、多大な被害を蒙っています。
その空襲については、
帰途に就いた敵機が、残っていた焼夷弾全部を徳山の上空で
“ほかして”行ったのだろう、と話す人もいたようです。

この時は、彼の実家にも焼夷弾が落ちて、屋根を貫通しながらも天井裏で止まり、
一部は燃えたらしいのですが、たいしたことにはならずにすんだと、
これも彼の母親から聞いた話です。


<終戦>                

彼が15歳を迎えた時、戦争は終わりました。
養成所を退所した彼は、父親と伯父の勧めもあって絵の勉強を始めています。
岩国美術研究所での勉学と、
公民館で寝泊りしながらの半自炊生活が始まったそうです。
鹿児島、長崎、熊本、広島など各地から集まった人たちとの共同生活。

戦後で物のない時代でもあり、先生も奥様も、そして本人達、
その親達だっていろいろ大変だったようで、
時に、それぞれの実家から送られてくる食料品もめずらしく、
〈長崎のかんころのことはよく憶えている・・〉
〈ぼくの場合は、両親や伯父たちの理解と後押しがあったから、
あんな時代でも結構暢気にやっていられたのかも知れない・・〉
と、彼はよく話していました。
                

  ・・海軍燃料廠は終戦を迎え閉鎖されてしまった。
  行く場所も目的も失ってしまった私だが、
  父親の影響で水彩画や日本画を描いていたので
  いつかそれに熱中するようになっていた。
  行き場のないエネルギーを、
  明確な目的もないまま絵を描くことにぶつけていた。
  器用に描くというレベルにすぎなかったが、
  描きまくり、うまくなる事だけを考えていた。
  両親はそんな自分に、だまって絵の道具を与えてくれた。
  息子の才能を信じていたというより、余計なことを考えずに
  夢中で絵を描いている方が良いとでも思っていたのであろうか。
 
  ・・1949年、岩国美術研究所の研究生募集の広告を見て応募。
  先生はフランスで絵を学び、ビルマ国会議事堂の壁画を手がけるなど
  活躍されていた方で、岩国に理想的な研究所を作りたいと、
  私財を投じた人であった。
  全寮制で、最低限の画材は無料で支給された。
  アシスタントとして、美術学校卒業の人が二人来ており、
  内容的には今考えても素晴らしいものであり、
  私にとっては大変幸運なことであった。
  2年程、この研究所で油彩画の基本を習っている。
           ―田染幸雄の手記・・[田染幸雄画集]より 1987年発行―


戦後の混乱期を経て、徳山市も大きく変わりました。
山陽本線の上を山陽新幹線が走り、
内海から外海にかけては大規模な埋め立てが行なわれ、
そこに出光興産の石油コンビナート出現。
(今では、周南石油コンビナートとも呼ばれているようです)

このように、徳山が変わり始めてから何十年にもなります。
残念ながら今ではもう、彼の実家から望める場所に海はありません。
〈父に連れられて、マツタケを採りに行ったことがある〉
と彼が懐かしげに語る生家の裏山は、平らに均されて、
今では住宅地やグラウンドになっています。

それでも2,30年前までは、家を出て、右に行けば遠石八幡、
左に行くと道が二股に分かれて、右は櫛ヶ浜、左は花岡への道、
そして、櫛ヶ浜への道には、まだ家の下に船を引き入れることの出来る、
漁師の家が健在だったし、花岡への道には、
その昔街道筋であったことを物語るかのように、松の木がわずか、残っていました。
そして実家の裏山への道をたどると、彼が描いた民家や道がありました。

今では、そうしたもの全てが無くなり、
賑やかだった徳山の街も、シャッターが下ろされた店が目立ち、
帰るたびに静かになっていきます。

徳山市という名も無くなり、新南陽市、鹿野町、熊毛町と合併して
周南市が誕生したのが、2003年4月21日、
その話を聞いたとき、故郷が消えてしまったようだと言っておりましたが
きっと寂しかったに違いありません。

    22:03 | Top
 
18
 
<山梨の桃の里>

桃の花の季節が巡ってくると、
その年の気象状況、花の見頃、お天気を気にしながら
毎年のように、山梨の桃の里へ出かけておりました。
JRの勝沼ぶどう郷駅からはタクシーで、
石和温泉駅からですと、バスかタクシーを利用していました。
桃の花の見頃は、概ね4月中旬頃でした。

ただ4月15日は浅間神社の例大祭(おみゆきさん)の日で、
男の人が、お化粧をして派手な浴衣姿でお御輿を担ぐとか・・。
お祭りは見たい、でもかなりの人出が予想され、
ついついこの日を避けて出かけておりました。

桃畑は、甲府盆地を取り囲むように、その斜面にも作られていますので、
花は、盆地の底から咲き始め徐々にのぼっていきます。
高度差があるので、花の盛りは一様ではありません。
また開花時には白に近いピンクだった花の色が次第に濃さを増し、
赤に近い色にまで変化するので、その色彩の変化も楽しめます。

(ホームページ「桃源郷」で紹介している絵の中で、
桃の花と一緒に咲いているまっ白な花はスモモの花です。)


<田染幸雄のメモより>

1998・4・10 石和からバスで一宮町へ。 
  すっきりした青空で、南アルプス連峰もくっきり浮き上がって見えた。
  花は2分咲き位から、天候も素晴らしく・・楽しい。

  4月8日(1998)朝日新聞から・・甲府盆地のスモモの里は今一面の純白におおわれ
  花はまるで樹氷のよう、4月中旬には、主役は桃に変わる


<摘花作業>

花の色が濃いピンク色に変わるころ、
より良い果実が収穫できるようにと良い花だけを残し、
ほとんどの花を摘み取ってしまう摘花作業が始まります。
上向きに咲いた花、幹に近い花など7~8割方の花が間引かれるそうです。

桃畑を歩いていると、開いた傘を逆さにつるし
その中に摘花した花や蕾を集めている風景がよく見られますが、
こうして集めた花や蕾から花粉を取り出し
次にその集めた花粉を、残された花につける作業が行われます。

麓からあがっていくと、摘花作業が終わり花数も少なくなった畑、
作業真っ盛りの畑、そして花いっぱいの桃畑、
見晴台の辺りまで登ると、まだまだ蕾がいっぱい・・そんな状態でした。

    18:29 | Top
 
18
 

桃源郷

ホームページ<桃源郷>に載せた5点の絵が、
マリア書房が発行している「現代の洋画」に掲載されており、
それぞれの絵に関しての田染幸雄のコメントもありますので、
ここに紹介いたします。


「春光 20P」に関して
       現代の洋画 №8(マリア書房1996年刊)掲載
     
桃のある風景を見たくなって出かけた。一宮町は四月中旬。
南アルプスの袂に広がる甲府盆地一帯はまさに“桃源郷”
滞在は延びた。
振り返ってみると、重ね重ねてきた旅だが、
土地の人々との一献傾けながらの語らいもまた、旅の味付けである。
耳順も半ば、今後も自然を求めて各地への旅は続きそうです。

013_003ss.jpg



「春風 10P(御坂町)」に関して
       現代の洋画 №11(マリア書房1999年刊)掲載

花曇の4月中旬、春闌(はるたけなわ)の一宮町、御坂町に出かけた。
見渡すかぎりの桃の里は春風駘蕩、淡く聳える残雪の南アルプス連峰が
一対になって、景観になお趣を添えていた。

013_010ss.jpg



「春郊 8P(新府)」に関して
       現代の洋画 №12(マリア書房2000年刊))掲載

中央線の新府は無人駅である。
ホームから急な階段を下りて道なりにだらだら坂を上っていくと、
いきなり視界が展ける。甲斐路の春はたけなわ。
桃、桜、菜の花が咲き乱れ、眼下に中央線の電車が走る。
前方には残雪の八ケ岳連峰、背後に富士山。
丘を回ると鳳凰三山が間近に迫って見える。
まさに桃源郷である。

013_009ss.jpg



「吾妻連峰」に関して     
       現代の洋画 №16(マリア書房2004年刊)掲載

むかしから農作業開始の合図にもなると言い伝えられてきた雪形。
信州飯綱山・爺が岳の種蒔き爺さん、白馬岳の代掻き馬などが有名ですが、
ここ吾妻小富士にも、この日は、はっきりと雪兎の姿が見られました。
春風駘蕩、季節の豊かな表情や風土に引かれて、
古希を過ぎても取材の旅はまだ続いています。

013_019ss.jpg 




 「春光 12P(群馬県・月夜野町)」に関して 
        現代の洋画 №10(マリア書房1998年刊)

郷里の友人が郷土史「私達と遠石」を上梓。
子供の頃遊びまわった豊かな自然と文化に暫しタイムスリップ
募る郷愁に浸った。今は過日の感。
青年期頃まで心に刻み込まれた郷里の自然環境が、
ある風景を見たときに触発され
今日の制作の場になってきたようです。

013_024ss.jpg


  上記5点の絵は、ホームページ<桃源郷>で拡大してご覧いただけます。






    18:10 | Top
 
04
 
<ベルギー・ブルージュにて>


〈フリットが食べたい〉と娘が言いました。
見ると彼は、運河に架かる橋のたもとに立ってスケッチ帳を広げています。

〈そうね、お父さんは絵を描いているからその間に買ってきましょう〉
ほかほかのフリットが入った袋を手にした娘のうれしそうな顔といったら!
でも戻ってみると、彼の姿は消えていました。

〈フリットが食べたいなんて、わがまま言ったから?〉
びっくりした娘の顔、みるみる涙がたまってきます。
〈ううん・・お父さんに一言声をかけて行けばよかったの〉
しゃくりあげながら、それでも娘はフリットを一本ずつ口に運んでいます。

〈もしかしたらお父さん、町外れのほうに行ったのかもしれないわね・・
あとで行こうって言っていたから・・行ってみる?〉
こっくりしながら、手も口も大忙しの娘。

運河に沿った道を歩いていたとき急に、雨がポツポツ落ちてきました。
急いだほうがいいようです。

でもなんと幸運なこと、運河に架かる館型の橋があって、
老婦人がもう雨宿りをしていました。
飛び込む間もなく、大つぶのたたきつけるような雨・・

〈よかった、よかった!〉と私、
〈よかった、よかった!〉と娘。
もう大にこにこで、フリットの袋も空っぽでした。

間もなく、降り始めたときと同じように、こんどもパタッと雨上がり。
空を見上げている私をよそに、
何ごともなかったかのように御婦人は歩き始めていました。

〈さあてどうしよう、ホテルに帰る?〉
〈うん、ホテルに帰る!〉

と、丘の上を娘が指さしています
〈回転木馬だ!〉
大きなテントの下を、たくさんの馬がぐるぐる回っています。

〈乗ってみる?〉
〈うん、乗ってみたい!〉

そうして、木馬屋さんの太った女性に抱っこされた娘は、
つぎの瞬間、もう馬上の人になっていました。

〈そのお馬さんでよかったの?〉あわててたずねる私、 
こっくりうなずく娘・・
そしてその姿は、もう向こうに消えていきます。
そうして、にこにこ笑顔の娘はまたまた、
片手をあげながら私の目の前を通りすぎていきました。

ホテルに戻ると、宿のご主人が、
〈ムッシュウはいちど帰ってきたけれど、また出かけていきました〉

疲れはてた娘は、
帰り道で買ったさくらんぼうをいくつか食べただけでベッドへ、
すぐにすやすや夢の中です。

ぼんやりとさくらんぼうをつまみながらの小一時間、彼が帰ってきました。
〈心配した?〉 
〈いいや、ここに帰ってくるに決まっているからね〉

翌日娘が言いました。
〈もういちど、回転木馬に乗りたい!〉
そうして、三人で町外れの丘まで行きました。

でもそこは空っぽ! 
テントも木馬も消えてしまっていたのです。
あっけにとられた娘の顔といったら!

娘が言いました。
〈きっとお空を飛んで行ったんだ! 昨日だって、お馬に乗っているとき、
飛んでいるみたいだったんだから・・
あのおばちゃんも、風船みたいにふくらんで、
お空を飛んで行ったんだよね、きっと・・〉
そう、回転木馬はもう、遠い遠い国で、
お客さんをいっぱい乗せてくるくるまわっていることでしょう。

そんなこんな言いながら空を見つづけていた娘の目に、
近くに建っていた風車が飛び込んできたようです。

昨日は、テントに隠れていて気がつかなかったのでしょう。

その時の娘の顔といったら・・

ベルギー
                            
                            風車のスケッチ

ふっと気がつくと、昨日と同じような空もようです。
たいへん、急がなくては!
このあたりに、お昼ご飯食べられるところがあればいいのだけれど・・

たまたま、一軒の家から出て来た男の人が、
車に乗り込もうとしているところに遭遇しました。

何とか呼び止めて、レストランがないかたずねました。
すると大仰に手を振って、ない、ない! 
その人も空を見上げて、一瞬思案した風でしたけれど、
車の後ろドアを開けて、乗れ!と合図します。
車はキャミオネット(小型トラック)・・
さあっと荷台を片付けて、私たちが座れる場所を作ってくださいました。
その人のあわただしい動きを見ていると、
ぐずぐずしている暇はなさそうです。そして私たち三人も車上の人に・・

車を運転しながらのその人の話によると、
肉屋さんで、配達に回っていたのだそうです。
そして着いたのが、マルクト広場にある一軒のレストランの前、
お礼をという私の手を振り切るように早く店に入るようにせかします。
本当に大粒の雨が落ちてきました。

店の前に張り出されたテント屋根の下は人でいっぱいで、
でも、飛び込んでいった私たちの姿を見て少しずつ詰めてくださり
なんとか落ちつくことができました。

その一部始終を確認したかのように、
肉屋さんはクラクションを鳴らして走り去っていきました。
そのあとのあられ雑じりの雨といったら、
テントの屋根の底が抜けるのではないかと思うほどでした。

    19:21 | Top
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム