FC2ブログ

田染幸雄の世界 自然との語らい

 
30
 
 なっちゃんの思い出 疎開  

 
戦争がとてもはげしくなり
昭和20年のはじめ頃にはじいじも出征して
夜中に空襲警報が鳴ることもありました。

そんな時、いつでも逃げられるように
枕もとに用意しておいた防空頭巾をかぶり半てんを着て
リュックサックをしょって
家族はみんな、阿見神社の境内まで大いそぎ大いそぎ!

生まれたばかりの弟をおんぶしたお母さん
おひつや、大事な物を一まとめにした袋やござをかかえた
ばあばとおばあちゃん

なっちゃんは
参道の石畳にしいたござの上に寝て、空を見ていたことを憶えています。
真っ黒に見える木々の間から、高い高い空が見えて
こま切れの空だったけれど、お星さまが光っていました。

  (注) 当時私たちは、母の姉(伯母)を “ ばあば ” と呼び
       その夫(伯父)を “ じいじ ” と呼んでいました。
       そして、伯父の仕事の関係で、霞ヶ浦海軍航空隊近くの
       阿見村営住宅に住んでいたのです。

戦争がはげしくなって
霞ヶ浦航空隊近くのこの辺りは
とても危ない場所になってしまったと大人たちは話していたし
それに、じいじが出征していなくなってしまったので
もうこの家には住み続けられないってばあばが言いだして
しかたがないから
じいじの田舎に引っ越すことになったんですって。

  そして
  大人子ども合わせての7人家族は、やむにやまれず
  伯父の故郷に疎開することになりました。

  長男であった伯父は若い頃
  農家の後継ぎになることを嫌って家をとび出しています。
  それなのに、その家を頼っての疎開・・となると
  戦時下という大義名分があったにせよ
  大人たちにしてみれば、肩身の狭い思いだったことでしょう。

  更に、屋号で呼びあうような古くから続く土地柄
  よそ者にはわからない、その土地ならではの風習もあったはずですから
  それ相応の気遣いも必要になってくるわけです。

  また、非常時ゆえに仕方なかったとはいえ
  頼られた家の人たちにしても、さぞや大変なことだったでしょう。。

  住まいは、近くのお宅の離れを借りることができ
  畑もわずかながら使わせていただけて・・
  ただ、慣れない農作業は
  かなりしんどいことだったようにも聞いています。

  また、その辺りの水質が良くなかったそうで
  引っ越して間もなく、近所の人たちが
  井戸水の濾過(ろか)装置を作ってくださったことを憶えています。

  箱の中に、砂、細かい石、中ぐらいの石、大きい石
  と順繰りに積んでいき・・そして
  〈しばらく使ったら、それぞれの石を洗って、同じ手順で積み直すように〉
  と教えてくださいました 
 
  赤茶っぽくにごった井戸水が
  石を入れた箱をくぐると、ほらね、きれいな水になって流れてきた!


  これは、子どもにとってはとても不思議な光景で
  わくわくうきうきしながら、あっちから、こっちから
  行ったり来たりしながら見ていたことを思い出します。


じいじのお母さん=なっちゃんのおばあちゃん
(なっちゃんは、いずれはじいじの子供になる運命なのだからって・・)

おばあちゃんのお家の庭には 
いろいろな木が植えられていて、果物の木もたくさんありました。
はたんきょうにぐみ、柿もいちじくも。
おばあちゃんにざくろをとっていただいたこともあったし
ひとりで、三股(さんまた)を使って柿をもいだり
すっぱいぐみをつまんで顔をしかめたり・・

おばあちゃんは、庭に広げたむしろのまん中に座って
木の板で、パタンコ、パタンコって
からからに乾いた豆の枝をたたいているの
するとほうら、さやの間から、豆がいっぱいこぼれてきた・・

卵のからや貝がらをつつきながら、にわとりがお庭を散歩していたり・・

  今になってもまだ
  縁側に腰かけて足をぶらぶらさせながら
  真っ黒に粉をふいた甘い枝柿をかじり
  目新しい風物を眺めていたときの
  そのときの光景が懐かしく目に浮かんできます。







    23:00 | Top
 
30
 
戦争が終わって ・ お祭り ( 昭和20年 )
 

今日はお祭り!

川のほとりにいつの間にか、やぐら(櫓)というものができていて
その上には大きな太鼓がのせてあって
お祭り半てんを着た男の人たちが、ドンドコ、ドンドコたたいていたの。

はち巻きをして、それから・・
ほんとにびっくりしたんだけれど、おとなの、男の人だっていうのに
首から、桃色や青色のきれをぶらさげていて、
それが、とっても派手で、目だって、なんだかはずかしいくらい!

それから・・
大きな音で蓄音機も鳴っていて・・

でもね、だれも気にしていないみたいだった!
手をたたきながらいっしょに歌っている人もいて。

なっちゃんのとなりにいたおばちゃんが
〈東海林太郎の赤城の子守歌だよ・・・・泣くなよしよし、ねんねしな・・〉
って、口ずさみながら教えてくださったりして。

戦争が終わったっていうことは
いろんなことが変わってしまって
今までだったら〈 いけない、いけない 〉って言われていたことが
ぜんぶいいことになってしまったのかなあって
なっちゃんはその時思ったの。


  昭和20年8月15日敗戦
  それからどのくらいの日数がたっていたのか・・
  もしかしたらそれは
  収穫が済んだあとの、お祭りだったのかもしれません。

  物心がついた頃には、世の中は、まさに戦争のさなか
  あれはいけない、これもいけない・・
  明かりが漏れるといけないからと
  電燈の笠のまわりに黒いきれをたらし
 
  雨戸も早い時間から閉めて
  ラジオの音もできるだけ小さく!
 〈ほらまた! 大きな声は出さないようにって、いつも言っているでしょ!〉

  ひっそりと、できるだけひっそりと
  着物姿は御法度、だからもんぺを作ってはいて
  家にある貴金属類はすべて供出
  鉄でできているお鍋やお釜もぜんぶ

  みんなが供出した物で軍艦や飛行機を作るんですって・・

  こうしたことのすべてを
  ごくごく当たりまえのことのように感じ、育ってきていたから
  突然のように降ってわいたお祭りの賑やかな音や色彩に対して
  違和感を抱いてしまっていたのかもしれません。


びっくりしていたなっちゃんも
いつのまにかわくわくしながら
おじちゃんやおばちゃんや、お姉さんやお兄さんを見ていたの。
みんなとっても楽しそう!
いろんなお話をしてるみたい・・

太鼓たたいているお兄さんのことを
〈あれも、はたちだろう、そろそろ嫁さんだねえ・・〉
〈いんや、もう決まっている・・〉ですって!

〈はたち〉っていったい何のことだろう!
もしかしたら、ああいうお兄さんたちのことを、
〈はたち〉って呼ぶのかもしれないなあ

でもね、そうだとしたらなっちゃんは
〈はたち〉っていう人は好きじゃない! 
だって、あんな桃色や青色の布を巻いて!
なっちゃんはね、ああいう色はきらいなの。

そんなこんなを思いながら
でも、なんだかうれしくって、じっとしていられなくなっちゃって
あっち見たりこっち見たり
お祭りに集まった人たちの間をとびはねていたの。

そのとき、
〈火事だあ!〉ってだれかがさけんで・・
〈火事だ! 火事だ! 火事だ!〉
あっちでも、こっちでも、みんながさけびだしたの。

びっくりして、みんなが指さす方を見たら・・

ほんとうだっ! 
川向こうの家から煙が出ているのが見えた!
ぼおっと煙が高く上がって、見ているうちに、焔がふき出した!

なっちゃんのまわりにいたおばちゃんたちが悲鳴をあげて
男の人たちは、尻っぱしょりをして走り出していたの。

燃えているお家のまわりを走りまわっている人の姿が
黒く影絵のように見えて・・

でもね、川はとっても広かったから
人の声も物音も、なんにも聞こえてはこなかった。
もくもくふき出す煙も焔も、ゆうらゆうら、天にのぼっていって・・

いつの間にかなっちゃんは、しゃがみこんでしまっていたの。
とっても立ってはいられなくなっちゃった!
いつの間にか、両手でいっしょうけんめい口をおさえていたみたい
じゃないとね、かってに歯がガチガチ動き出すんだから。

戦争は終わったって大人の人たちは言っているけれど、
そんなのうそだ! みいんなうそだ!

いつかの夜、熊谷に
いっぱいいっぱい焼夷弾が落っこってきたときみたいに
あっちもこっちも燃え出したらどうしよう!

とってもとってもこわくって
飛行機は飛んではいないけれど
おっかない音はしないけれど
やっぱりこれも戦争じゃないのかなって思っていたの。




 戦争が終わって ・ もらい湯


〈風呂わいたよ!〉って、近所の子がよびにきたの。
きょうは、ばあばとなっちゃんがお風呂をいただきに行く日。

夏の間、子供たちは庭で行水。
秋に入ってからも、〈すこし寒いわねえ〉なんて言いながら
廊下にたらいを置いて、お湯をはって、入っていたんだけれど
だんだん寒くなってくると、それももう無理!

そして、その頃から、
ご近所のお風呂にお呼ばれするようになっていました。

お風呂のお家は、小川にそってほんのすこし歩いた所にあって
なっちゃん達がついたときには、およその人も来ていて
みんなでお話ししながら順番待ちをしていました。

もう陽も落ちかかっていて、
風はないのにとっても寒い日だったから
みんな、薪をくべた囲炉裏のまわりににじるように座って
自在鈎にかかったお鍋からときどきお湯をくんで飲んだりする人もいました。

順ぐりにお風呂に入る人がいて
出てきた人は、手ぬぐいで首のまわりを拭きながら
〈ああ、いい湯だった!〉
そして、囲炉裏のそばにどっかりと腰をおろして
またまたお話がはじまっています。

やっとなっちゃんたちの番がきて・・
でもなっちゃんは、きょうもお風呂には入らないことにしました。

むかしむかし、赤ちゃんだったなっちゃんを
お湯に落としてしまった人がいたんですって。
それからというもの
〈 お風呂っていうと大泣きに泣くもんだから
あんたをお風呂に入れたくないって、みんなが言うんだよ 〉
って、おとなたちは話していたし
今はもう大きくなったから泣いたりはしないけれど
でもなっちゃんは、何だかお風呂が好きではなかったの。

ばあばもおよその人も
なっちゃんがお風呂に入っても入らなくても、何にも言わなかったから
その日も、一人で遊んでいました。

囲炉裏の部屋と
その隣りのたたみの部屋のまん中に
木を組み合わせた階段が置いてあって、それをあがっていくと蚕部屋
うす暗い部屋にはたくさんの蚕棚が並んでいました。

なっちゃんも前にお蚕さんを一匹いただいて
マッチ箱のお家に桑の葉を敷いて、お蚕さんを入れて
毎日、桑の葉をとりかえて、育てたことがあるの。
お蚕さんは、せっせこ、せっせこ首を振りながら
繭を作っていたけれど、いつの間にか
かくれんぼでもしているみたいに繭の中に入って見えなくなっちゃった !

それでも毎日、気をつけて見ていたはずなのに
気がついたら繭に小さな穴があいていて、中はからっぽ!
がっかりしているなっちゃんを見て
おばあちゃんは、その繭で、小さな飾りを作ってくださいました。

でもこの間、その階段をよじ登って蚕部屋に行ったときには
もうお蚕さんの棚は、ぜんぶ脇に寄せられていて
ほし草が山のように積まれていただけ・・
だからかなあ・・階段の下に立って真っ暗な蚕部屋を見上げていると
ほんわかほんわか野原のにおいがただよってくるようでした。

外はもうまっ暗、暗・・
部屋の中も、薪が燃える赤い火と
たった一つ灯された電燈のまわりだけがほんのり明かるくって
ほかは、どこもかしこもぼんやりねずみ色。

その時、寒うい空気といっしょに、近所のおじちゃんがとび込んできました。

〈おお、さぶさぶ!〉って、囲炉裏に手をかざしていたけれど
大事そうに、懐から何やら取り出して、
〈 ほれ、これ、これ ! これが、新しいお札だよ ! 〉

〈ヘえっ!〉〈どれ、どれ!〉って、囲炉裏のまわりの人たちは
順ぐりにお札を手にとって眺めていたけれど
〈なんだか、ありがたみがうすいねえ・・〉
〈これが、戦争が終わって初めてのお金かい!〉

離れたところから見ていただけでよくはわからなかったけれど
その時〈 ずいぶん細長くって小さなお札 〉って
思ったことだけはよく憶えています。

〈 ばあばどうしたんだろう・・おそいなあ 〉
なんだか急に心配になってなっちゃんは、お風呂場へ大急ぎ
そうっとガラス戸をあけて
〈 ばあば ! 〉・・でもね、返事がない

そこのお家では、物置き部屋のまん中に湯舟が置いてあって
鍬だのすきだの畑で使ういろんな道具もいっしょ。
そして、ランプだったか電球だったか忘れてしまったけれど
小さな明かりが一つだけともっていました。

〈ばあば!〉ってもういちど呼んで
こんどは、板をつたって湯舟のそばまでいって見たんだけれど
お風呂に入ったまんまのばあばは
湯舟のふちに手をかけて、そこに頭をもたげて目をつぶっていました。

はじめは、なっちゃんをびっくりさせようと
寝たふりしているのかなって思ったんだけど
なんだかようすがおかしいの!

耳もとで〈ばあば! ばあば!〉って
なんども呼んで見たけれど、返事もしない!

なっちゃんはもうどうしていいのかわからなくなっちゃって
それでも、みんなにはわからないように
そこのお家のおばちゃんのお袖をそっと引っぱって
〈いそいで来てちょうだい!〉ってお願いしたの。

おばちゃんが見に行って・・
そしたらおばちゃんは別のおばちゃんに耳うちして・・

こんどは、一人のおじちゃんが戸板をはずしたり
おばあちゃんがお布団を出してきたり
何だか、だんだんだんだん、大変な事になっちゃった!

なっちゃんはもう、どうしていいのかわからなくって
何が何だかわからなくなっちゃって・・
ぼおっとつっ立っていただけ。

そしてね、気がついたときには、もうみんなで外を歩いていたの。
二人のおじちゃんが、戸板の前と後ろを持って
ばあばは、お布団をかけてその戸板の上に寝ていたの。
やっぱり目をつぶったまんまだった!

もう一人のおじちゃんが、提灯を持って先頭にたって
みんなの足元を照らしてくださっていて・・

なっちゃんの肩をだきかかえるように歩いていたおばちゃんは
〈よく知らせてくれた・・いい子だったねえ・・
大変な事になっていたかもしれない・・〉ですって。

小川の音が、いつもより大きく聞こえるみたいだなあって思いながら
お空を見あげたなっちゃんの目に
たくさんのお星さまがとびこんできました。
きらきら、きらきら、森にかこまれた空いっぱいに
たくさんのお星さまがかがやいていました。

その時なっちゃんはふいに、大昔見たきらきら夜空を思い出しました。

ばあばがよく
〈 なっちゃんが水疱瘡になったとき 〉って話していたけれど
〈 真っ赤な顔をしているから熱をはかったらとても高くて
じいじがおぶってお医者さんに行ったのよ。そしたら、水疱瘡だったの 〉

その頃まだ小さかったなっちゃんは
なんどその話を聞いても、何も憶えてはいないと思っていたけれど
でも、小川のほとりを歩きながら
たくさんのお星さまを見ているうちに、ずっと前にも
〈 こんなふうなお空を見たことがあった・・〉って思ったの。

あのとき、ねんねこ半てんにくるまれて
ゆらゆらおんぶされていたなっちゃんは
真っ黒なお空と、お星さまを見ていたの。
お空にいっぱいのお星さまは
とっても明かるくってまぶしいくらいだった。

そのときの星空を思い出しながらなっちゃんは
夜のお空って、まっ黒、黒じゃなくて、とっても濃い
すいこまれてしまいそうにとっても深い青色なんだなって思ったの。
ほうらこんな風に、今見えているお空のように !







    23:00 | Top
 
06
 
  牡丹の花を求めて

旅の折々に、牡丹の花を見かける機会はたびたびありました。
農家の庭先にさりげなく咲いていたり
手入れの行き届いた花々が、垣間見えたり・・

そんな時田染は、何れは牡丹の花も描いてみたい・・と申していたのですが
たまたま上野の牡丹園に出かける機会があって
それからです、毎年のように冬牡丹を見に上野に出かけるようになったのは。

季節が来ると
 また行ってみようか・・
 でもあそこの甘酒がもう少しうまかったらなあ・・
などと申したものです。



 須賀川の牡丹園

この牡丹園には、牡丹の在来種とも言われる
紫色がかった濃い赤色の花が多く咲いていました。


須賀川のボタンのスケッチ

牡丹の花のデッサン
   雨粒が落ちてきたため途中で鉛筆を置きました

牡丹園までは、東北線の須賀川駅からバスが出ているそうですが
タイミングが悪くタクシーに乗りました。(片道1300円程)


 
 大根島(だいこんしま)の牡丹園

牡丹で有名な島根県の大根島の牡丹園にも参りました。
近くまで行く機会があったので
下調べのつもりで寄っただけでしたので、仕方はなかったものの
少々時節はずれ・・室内牡丹園で見られただけでした。

いずれまたと言いながらそのままになってしまいました。



 茂原の牡丹園   

自然の風景の中にそのままあるような、懐かしい雰囲気の牡丹園でした。

茂原駅よりバスで牡丹園の近くまで
帰りもバスを待っていたのですがなかなか来なくて・・
しびれを切らした頃、千葉駅往きのバスが来たので
これは幸い!と乗ってしまいました。
ずっと座っていられたのは良かったのですが
かなり長いバスの旅になりました。



 家庭菜園で咲いた牡丹の花

家庭菜園でも牡丹を栽培しておりました。
そして田染は、その花を描いております。


五月の窓辺 10P 1993

  五月の窓辺 10P 1993


白牡丹 6F 1995

  白牡丹 6F 1995


田染が描いた2点の牡丹の花の絵は
ホームページ<家庭菜園・花の絵>上で拡大してご覧いただけます。
    18:00 | Top
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム