FC2ブログ

田染幸雄の世界 自然との語らい

 
04
 
山形県・田麦俣


田染が田麦俣に出向いたのは1978年5月半ば
上野発21:14の夜行急行「鳥海」を利用しています。

彼から聞いた話・・
  鶴岡に着いたのが早朝5時過ぎ
  車窓から眺めた田園風景をじかに見たいと思い
  町並みが途切れる所を目指し歩いてみたけれど
  大きな町で無理だった・・

田麦俣へは、鶴岡駅発8時前のバスで・・
通学の学生さんたちでかなり混んでいたそうです。

宿に荷物を置いて田麦俣をひととおり歩き、
さらに15分ほどバスに乗って大網まで・・
そのあたり一帯は下村と呼ばれるところで
点在する多層民家の数は田麦俣よりも多く
それを見た時の感動はかなりのものだったようです。

お天気のほうは、うす曇り時々晴れ
翌日は小雨が降るあまり芳しくはない空模様だったようですが
それでも傘をさして、夢中でスケッチをしたと話していました。
 

朝日村田麦俣(山形県)でのスケッチ(1978・5・9)

  CIMG1916.jpg
   
   絵の左側上部に、以下のような注があります。

      バックに旧遠藤家の多層民家
          (山形県指定文化財)→
 


  CIMG1917.jpg



・・下村から15分ほど歩いたところの上村には
即身仏が祭られている大日坊というお寺があると聞いて
出かけてはみたものの、お参りだけして
仏さまには会わぬまま帰ってきてしまった、と話していました。





    18:00 | Top
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム