田染幸雄の世界 自然との語らい

 
15
 
岩手県・遠野にて

1978年5月、釜石線の遠野の駅で私は
山形・青森などを廻って来る田染と合流しています。

その頃の遠野は
観光客の姿もまばらで、曲屋を利用した民宿に泊っていますが
宿泊客は私たちだけだったようです。

囲炉裏端で夕食が始まったとき彼が、
「 岩崎民宿の人が、今作ったばかりだと言って、君にこれを下さった 」
と言いながら、バッグから何やら取り出しました。
小魚の佃煮・・少々辛口ながら美味でした。
遠野で落ち合うことを話題にしていたらしいのです。

そのとき地震が・・震度3位だったようですが
その地震のことは何故かよく憶えていて
地震と一緒に、その時の囲炉裏端の状況までが鮮明に思い出されます。



遠野で描いたデッサンを紹介いたします。


IMG_0706.jpg




IMG_0712.jpg




IMG_0736.jpg



 

駅前の喫茶店の2階から見た遠野駅(1978年)
遠野(4)

        

8・遠野
デッサンをする田染






    15:02 | Top
 
03
 
フランス マント・ラ・ジョリにて


フランスのマント・ラ・ジョリ(Mantes la Jolie)に滞在していた時の
デッサンを何点か紹介いたします。



マント・ラ・ジョリ(2-1)





マント・ラ・ジョリ(2-2)




マント・ラ・ジョリ(2-3)




マント・ラ・ジョリ(2-4)

この日、ジベルニーのモネの庭園に行く予定でした。
ベルノン(Vernon) で汽車を降り
バスに乗る前にセーヌ川辺を散策しておりましたら
橋の上から糸をたらし釣りをしている人を発見 !
田染は、絵になる風景だと言って座り込んでしまいました。

セーヌ河畔で自転車に乗って遊んでいた2~3人の男の子たちが
いろいろ変わった乗り方をして
娘を楽しませて下さったのも良き思い出です。






    15:00 | Top
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム