田染幸雄の世界 自然との語らい

 
23
 
  

個展・各種展覧会 1


無所属作家だった田染幸雄が
その作品を、どのような形で発表してきていたのか
少しずつ紹介してまいります。


1953年4月(昭和28年・23歳)、
郷里徳山で、グループ展(暖流会)に出品しておりました。
会員数は10名だったようですが、この時の出品者は7名でした。



上京(1957年、27歳)後は、挿絵の仕事をするかたわら油絵を描き
時折、渋谷や新宿の画廊を借り、友人達と
2人展、3人展などを開き作品を発表しております。


IMG_0002ss.jpg
挿絵執筆中の田染 ( 1960年頃 )



その後、“ 洋画壇新鋭作家展 ” に出品しています。
  1971年(昭和46年)12月9日~15日 大丸東京店・美術部画廊


IMG_0003ll.jpg IMG_0006_20120218192021.jpg
「風景 15P」




また、「評論家が選ぶ有望作家」という項目の中で
“ 小樽風景 ” が紹介されておりました。
(雑誌のページの切抜きのみ・雑誌の名称・年月日不明)


IMG_0004ssll.jpg
IMG_0004lls.jpg
 


 

1971年~73年には、池袋の「西武デパート」で
「 輝展 」と「 海と山と空展 」が開催されており
そのカタログが残されておりましたので、ここに紹介いたします。


第1回 輝展(6名によるグループ展)
 1971年6月25日~30日  会場:西武百貨店( 池袋 )

IMG_0003sss.jpg
第1回輝展のカタログの表紙   
  上部右端にあるのが田染幸雄の作品です




IMG_1602.jpg
カタログ中の田染幸雄のページ

雪の道(20F)  雪のロッジ(10F)          川辺の風景(6F)   道(6F)
風景(8F) 
   




第2回 輝展(6名によるグループ展)
 1972年7月7日~13  会場:西武百貨店( 池袋 )

IMG_1593sss.jpg


IMG_1604ss.jpg
暮色 ( 20F )                  海(10P)
                           波 (6F)  夕暮れ(8F)
                          灯台(6M)
                       





第1回 海と山と空展(出品者24名)
 1972年2月18日~23日  会場:西武百貨店( 池袋 )


IMG_1598.jpg

田染の作品は左から3番目、それを拡大したのが下記の写真です。

IMG_0008sss.jpg
海(10F)




第2回 海と山と空展(出品者23名)
 1973年2月9日~14日  会場:西武百貨店( 池袋 )


IMG_1597s_20120218193656.jpg
野島崎(10M)



「 形真展 」、「 洋画商展 」などについても
項をあらためて紹介してまいります。




    19:00 | Top
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム