田染幸雄の世界 自然との語らい

 
25
 
長野県・上高地への旅




ホームページ・上高地(1)に、次のような記述があります。

  1975年に大丸デパート(東京)で開かれた
  「 田染幸雄 自然との対話展 」
   上高地を描いた絵が展示されておりましたが、残念なことに
   モノクロームのカタログしか残っておりませんでしたので、
   それらの絵は,ブログ 「 田染幸雄の各種展覧会・6 (個展3) 」
   紹介するにとどめました。




上記の説明のように、
ブログ  「 田染幸雄の各種展覧会・6 (個展3) 」 で紹介されていた
1975・2・13に開催された田染幸雄 自然との対話展
に際し発行されたパンフレットの中に
上高地を描いた絵2点が載っておりましたので、ここに紹介いたします。



2)大丸個展出品作s


上段のパンフレット中上高地を描いた絵は
上から3段目の2点です。
これを、やや拡大してみました。


上高地s
徳沢の秋 6F 



上高地2
草むら 6F




田染と共に初めて上高地を訪れたのは1974年の事でした。

以前、と言っても大昔、1955年と56年の2度
私は上高地に行ったことがありましたので、
上高地の変容に一瞬驚いた記憶があります。
減少した大正池の樹々、護岸工事の進んだ梓川、
当時は、梓川の左岸を通って徳沢、横尾に行っていたはずなのに
右岸にも、遊歩道が出来ていて驚いたものです。
(当時もあったのかどうか、知らなかっただけなのか?)

1955年の時は、西穂を目指して登山中独標付近で雷に出会い
苦労して上った道を転がるように下山してしまったこと・・
1956年の時は、横尾を通って涸沢へ、奥穂山頂の手前で引き返し涸沢泊。
夜中、遭難者が到着したからと宿泊者全員が起こされて
寝場所の再調整、頭、足、頭、足と寝かされて・・
まるでイワシの缶詰状態だと笑いながら寝についたことなどを
田染に話しながら、上高地を歩いたものです。





    12:00 | Top
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム