FC2ブログ

田染幸雄の世界 自然との語らい

 
28
 
1989年5月末、五能線沿いをまわったものの
天候には恵まれず、岩木山を見ることは出来ませんでした。

メモに、
  五所川原から鯵ヶ沢へ・・
  車窓からはりんご、なしの樹の連なりが見えた。
  桐の花の紫が美しかった。
また、
  川部へ向かう車窓から・・
  雲間にポツリと2ヶ所だけ青い空が見えた。
  小さい穴が開いたようだった。
  岩木山は相変わらず雲にかくれている。

この時は岩木山をあきらめて、
弘前から十和田湖畔の休屋行きのバスに乗っています。

そして奥入瀬渓流を歩いたあと再び弘前に戻っていますが、
岩木山は相変わらず雲の中。
あきらめきれず五能線で鯵ヶ沢まで・・
不運はかさなるもの、岩木山の姿は望めなかったようです。

とりとめもなく街中を歩いていたとき
ふと八百屋さんの店先にじゅん菜を見かけ
家のことを思い出したようです。
そして夜分、
“ じゅん菜 ”と“ みず ”を送ったという電話がかかってまいりまして、
翌々日大きな段ボール箱の到着。
箱の中から出てきた野菜の数々といったら・・

箱の中には、
八百屋さんの奥さんが書いてくださったじゅん菜とみずの調理法と、
おまけでくださったというグレープフルーツまでが入っていました。


買い物メモ
                 ( 箱に入っていた調理法のメモと品物の一覧表 )



諦めていたのに、
翌日五所川原からタクシーで弘前へ戻ろうとしたとき
思いがけなくも岩木山が全貌を現したそうです。
滞在をのばし、描いたのが
「 薫風( 廻堰大溜池から見た岩木山 )50P/1990 」です。
             (ホームページ 「 津軽富士・岩木山 」 で紹介しております)

鶴の舞橋

この写真は2005年に鶴田町に行ったときに撮った
廻堰大溜池 (まわりぜきおおためいけ) です。
池には立派な「 鶴の舞橋 」がかかっていましたが
残念ながら岩木山は見えませんでした。

    23:00 | Top
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム