FC2ブログ

田染幸雄の世界 自然との語らい

 
13
 
<背戸峨廊・夏井川>

強い風の吹く夏井川沿いの道で・・
吹き溜まりの木の葉を大きな麻袋に集めている人達がいて
伺うと、集めた木の葉で、腐葉土を作るとのことでした。

そういえば私も小さな畑を耕していた時があり
その頃は、畑で出来たものはすべて畑にと
雑草も野菜くずも穴を掘っては埋めていたのですが
月日がたって耕してみると、そこに新しい土が生まれていて
感動したものです。

背戸峨廊(せとがろう)・・
その渓谷の名をはじめて聞いたとき、又その文字を見たとき
何と風変わりな地名・・と思ったものです。

宿のご主人の話によると
渓谷の名付け親は、福島県の詩人として有名な草野心平氏
・・ほら、こんな身近なところに峨峨たる山、みごとな渓谷がある
という、故郷を愛し自慢したい気持が込められているそうで
話を伺ううちに、次第に愛着もわいてまいりました。

背戸(せど)・・裏口・裏門・家の後ろ(広辞苑より)

渓谷の入り口に建てられた“背戸峨廊”という石標も
当初は草野氏の書を予定していたはずなのに
ひょんなことから他の人の筆になったとか。
大酒豪であったことが災いしたのかもしれないというのが
宿のご主人の話でした。

背戸蛾廊


背戸峨廊の渓谷沿いの道で・・
岩の多い道は、水に濡れてすべりやすい上に
場所によっては岩の上も水の上も区別なく
色とりどりの木の葉が降り積もり、埋めつくしておりました。


別れぎわに宿のご主人が
思いがけない場所で立て続けに転落事故が起きているので
注意して欲しいと話されておりましたので
私たちは、渓谷周遊の序の口である釜ん淵(かまんぶち)まで行って
そこから引き返すことにいたしました。

    15:30 | Top
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム