FC2ブログ

田染幸雄の世界 自然との語らい

 
20
 
フランス・バルビゾンにて(2)  1980年10月~11月




IMG_0002_20110515112143.jpg

10月末のバルビゾンで・・
村役場 (Mairie) の庭に、栗の実がたくさん落ちていました。
栗のイガに手をふれた娘は、驚いた様子でしたが
こぼれ落ちた実も発見、用心しいしい幾つか拾ってきました。






IMG_0013.jpg

10月27日 前日、シャイイ ( Chailly ) に行く途中で見た広漠とした畑地へ
夕日の沈む瞬間を見るため出かけました。
バルビゾンの家並みに戻ったのは6時ごろで、すでに日はとっぷりと暮れていました。
暖かい一日でした。







IMG0s_0007.jpg


田染幸雄のメモ
  10月31日 シャイイ(Chailly)までのんびり歩く。
  画材店を見つけ、キャンバス・P10号2点と筆5本、油壺、絵の具2本
  サインペン等を購入。
  この町は、教会のある場所を扇の要とし、二俣に家並みが続いており
  バルビゾンより少々広い程度か・・
  教会をスケッチしていると数人の子供たちが寄ってきて
  飽きもせず、終わるまで付き合ってくれた。
  夜ホテルで淡彩をした。







IMG_0001_20110515112439.jpg     

バルビゾンの中央通りに、画家ルソーのアトリエがありました。
門を入って突き当りが教会、その左側がアトリエです。

門の左手前に鎮魂の碑が建てられていて、
戦死者の名前が刻まれていました。







IMG0s_0004.jpg

翌年(1981年)の6月はじめ、バルビゾンに出かけ、同じホテルに泊まっています。
雨に降られ、散々なお天気だったようにおぼえていますが、
3日目はうって変わっての好天気、フォンテーヌブローの森の中を散策したり
懐かしい場所を訪ね歩いています。
そして、ルソーのアトリエの前の庭でばらの花をスケッチ・・






フォンテーヌブローを中心にした、簡単な地図を描いてみました。

IMG_00020ss.jpg
(注)この地図は、私達がフランスで暮らしていた1980年頃のものです。



どこへ行くにしてもはじめての場所・・予定のたてようもなく
まず出かけてみることに致しました。
せめて初日の宿泊場所だけは決めておきたい・・ということで
フォンテーヌブローの森の近くのホテルを予約、
そのホテルの近くに、ユリー(Ury)の村がありました。

  フォンテーヌブロー駅からユリーまでタクシー(14km・50フラン)
  ユリー からバルビゾンまで
  これもタクシーを利用して90フラン、とメモにありました。
  当時のレート≒50円

田染のこの日のメモ
  「道程は、フォンテーヌブローの森の舗装された道を
   100キロ強で、15分ほどでバルビゾン到着。」
   
この日は、運転手さんに紹介していただいて
レストランが経営するホテル(クレ・ドール)に泊まっています。
田染のメモにも「印象すこぶる良し・・」とありましたが
週休制を取っている為翌日はお休み、
着く早々、ホテル探しを始めました。

バルビゾンからの帰途は、パリのイタリー門(Porte d’Italie) までの
バスがあることがわかりこれを利用しています(@24フラン)。

次にバルビゾンに出かけた時・・
往復とも、バスを利用しようと思っていたのですが
往路はともかく、帰り、待てど暮らせどバスは来ず・・
フォンテーヌブロー行きのバスが通りかかったので尋ねると、
「 パリ行き 」は、今日はここを通らないから、ともかく乗れといわれ
乗車して間もなく、ここで降りて待つようにとのこと。
果たしてそこで、無事パリ行きのバスに乗車できたのですが、
前回は村々を縫うように走行していたのに、
その時は、ほとんど直線的にパリに入ったように記憶しています。

もしかしたら、休日だったのかもしれません。
マント・ラ・ジョリでも、休日運休のバス便が多かったようです。

又の機会に、こんどは
フォンテーヌブローからパリ行きのバスでバルビゾンに行くことにしました。
ところが、フォンテーヌブロー駅前でいくら待っても
パリ行きのバスが来ません。尋ねると、
「 城行き 」のバスで「 フォンテーヌブロー城 」まで行くように・・
バルビゾン行きはそこから出ている・・とのことでした。
確かこの時は、バス待ちの時間がかなりあったので
フォンテーヌブロー城を見学していたはずです。

最近の旅行案内書 ・・私が調べた範囲・・では 
バルビゾンに行くには
「 フォンテーヌブロー駅、或るいは ムラン駅からタクシーに乗車するのが便利 」
とだけありました。今もバス便があるのかどうかは不明です。




    12:00 | Top
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム