田染幸雄の世界 自然との語らい

 
22
 
高遠・山室鉱泉



ホームページで「高遠・山室鉱泉」で描いた絵を紹介しておりますが、
私たちが初めて高遠を訪れたのは、1974年7月のはじめでした。


その折のメモに

  ・・宿のご主人がマッチ箱に書いて下さった簡単な地図をたよりに
    川辺部落、原、新井などあちこち歩いています・・

とありますが、下記の写真が、その時の山室鉱泉のマッチ箱です。




マッチ箱(2s) 
 
山室鉱泉のマッチss





山室鉱泉への道
高遠(4)
はっきり撮れておりませんが、
写真の右端に「御宿 山室鉱泉」の標識があり、
右の道を下ったところに、山室鉱泉がありました。



高遠(0)
道の辺のかわいらしい仏さま



高遠に出かけた折の簡単なメモから・・

高遠~大明寺(70円×2)
山室鉱泉近くに「大明寺」というバス停があったのかもしれません。

山室鉱泉で紹介された元酒屋旅館に泊まった時には
その宿の近くのバス停「荒町」から茅野までバスに乗っています。

荒町→茅野 300×2=600 と言うメモがありました。


高遠(2)
元酒屋旅館の近くにあったバス停「荒町
  写真の裏に残されていたメモ・・「杖突街道沿いの道」 




高遠(3)
高遠の町並み




また、杖突峠で下車し
甲府盆地と八ヶ岳連峰の絵を描いた時もありました。
その中の1点、 「秋冷 30P」  を
前出の 「 引越し・千葉へ 」 の中で、―稲の杭がけのある風景―
として紹介しております。



 
「 1974年の旅行メモ 」から、一人分の旅行費用を抜き出してみました。


   目黒→伊那 乗車料金       970円
           急行料金       300円
           グリーン 指定料金  900円
   バス代    長藤→栗田       80円
         

   宿泊料   山室鉱泉一泊(2人) 6130円
           元酒屋旅館一泊(2人)6230円
         
           冬季には確か暖房費用が加算されたと記憶しています。

    杖突峠で・・おそば360円とのメモも残っておりました。


こんなふうに、茅野から高遠へ、
帰りは伊那周りでなどと楽しんでいたのですが、
茅野→高遠のバスが廃線になると共に、
私たちの伊那への足も遠のいてしまいました。

また、杖突峠から八ヶ岳を眺めているうちに
八ヶ岳にまわってみたいと田染が申しますので
茅野から渋の湯行きのバスに乗ったときもありました。

茅野←→渋の湯往復   720円









    12:00 | Top
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム